借金 返済 住宅ローン

住宅ローンの返済

住宅ローン 抵当権

 

住宅ローンは人生をかけた大きな借金です。
家を買う時はさほど意識していなくても、、毎月の返済が始まると実感します。

 

体調が悪くても毎月の住宅ローンのために休むことができません。

 

住宅ローンが払えなくなった場合に、家を売って処分すれば良いと気軽に思っていても実際はなかなか決断できないものです。
それに家を売るのはそんなに簡単な話ではありません。

 

なぜなら住宅ローンを契約する際に、金融機関いわゆる銀行に抵当権を握られるからです。
抵当権は担保のことです。

 

住宅ローンの返済が滞った場合、銀行が抵当権を行使して強制的に家を売って現金に変えてしまうことができるのです。
住宅ローンを3カ月滞納すると、銀行も競売の準備に入ります。

 

しかし競売になる前に、自分の意志で自宅を売却することを「任意売却」と言います。
競売は相場よりも安く売却される事が多いので、任意売却を目指してうごいたほうが良いです。

 

しかし抵当権がありますから、まず任意売却をする前に銀行に相談に行き、抵当権を抹消してもらわなけばなりません。
抵当権を抹消することができたら、任意売却が可能になるのです。

 

抵当権については銀行との話合いになりますが、場合によっては応じてもらえないこともあります。
例えば連帯保証人の合意が得られないとか、内覧ができないとか、銀行との関係が悪化して信用がない場合は、任意売却は難しく競売で家を売ることになります。

 

ここでも信用が大事なのです。

 

この先、住宅ローンが払えなさそうだと判断した場合は、競売になる前に早めに任意売却できないか考えながら動きましょう。