借金 返済 ブラックリスト

借金とブラックリスト

 

借金の返済が滞ると「ブラックリスト」に名前が載ります。
ブラックリスト、なんとも恐ろしい響きですね。

 

これは本当にブラックリストというリストがあるわけではなく、カードの返済が滞ったり、任意整理・自己破産などの手続きを行った場合に信用情報機関に登録されてしまうことを指します。

 

つまり、「この人は借金を返さなかった過去があります。」という記録に名前が残ることなのです。
ではブラックリストに載って困ることはなんでしょうか?

 

それはブラックリストに名前が載っている間、新たな借金はもちろんクレジットカードでの精算も出来なくなることです。
住宅ローンはもちろんのこと、カーローンや教育ローンなど生活に必要なローンも組むことができません。
つまり何を買うにしてもカードが使えませんから、現金を用意しなければならないのです。
これはなかなか大変です。

 

しかし一生そうというわけではありません。
信用情報機関に名前が登録されてしまった場合、一定期間を過ぎると自動的に削除されます。

 

信用情報機関にはいくつかありますが、だいたいどこも5〜10年で削除されるようになっています。

 

この期間を過ぎると再びクレジットカードを作ったり、ローンを組むことが出来るようになります。
それまでにお金の使い方をしっかり反省して、二度と借金返済が滞ることのないようにしましょう。